<市川介護士>

就職活動の際に、大学で4年間社会福祉を学んで来た道に進むのか、他の業種に進むのか迷い考え活動をしていました。介護施設に実習に伺った時、福祉の現場を生で体験したことがとても印象に残り、もっと現場を知りたくなったことで現在に至っています。
学生時代の友人も福祉の道に進んだ者と他の業種に就職した者が半分半分で、福祉の仕事についてはキツイ・厳しいイメージが先行している状況ですが、実際に現場で活動してみて、イメージとは違うことも多く、イメージが先行している状況を少しでも変える事ができればと思い日々活動しています。

地域の皆様と共に過ごす毎日

当施設では、年に何度か利用者さん、ご家族、地域の皆様が参加される行事があります。地域の方々とふれあうと、皆さんと共に歩んでいることを感じ当施設の強みがわかりました。地域の方々と活動をすることで新たな取り組みも生まれています。利用者さんとはコミュニケーションをしっかり取ること、表情であったり目の動きであったり、観察をしっかりとすることで互の意思の疎通ができ作業も円滑に進みます。ご家族には丁寧に報告をすることで心配や不安がなくなり、相手の立場に立ち物事を考えることを先輩を見て学んでいます。新人の私の意見なども積極的に採用してくださり、皆で支え合って現場を盛り上げています。一人ひとりが活躍できる環境に感謝しています。

 

前に、前に向いていきたい

最近は、通勤時に1日の反省をすることを心がけています。より良い支援ができるように課題を改善すること、明日はこのようにしてみようとアイデアを考え、前に前に向いて行くことがやりがいに繋がっています。
現在、福祉の現場では働く人が少ない状況ではありますが、チャレンジして日々成長出来る仕事です。現場での経験を積んで知識を吸収して福祉の仕事をもっとたくさんの方々に選んでいただける様に取り組みたいと思います。